BTOパソコンのすすめ

BTOパソコンのすすめ

こんばんは、T1000です。

前回は、BTOとはどんなものなのかとお話しましたが、パソコンの中身がわかってくると、パーツを選んだり変えてみたくなる人もいると思います。

でも自分で自作はちょっと、という方にお勧めなのがBTOパソコンです。

では実際に購入する際にどのくらいメーカーで違いがあるのか書いていきたいと思います。

今回も、超ざっくりした説明になります。

目次

BTO比較

まず写真をご覧ください。

これは、同じくらいの性能のパソコンを注文しようとした時の、カスタマイズ画面の切抜きです。

A社

B社

いくつかの項目を省いていますが、ぱっと見ただけでA社の方が詳しくパーツの説明が記載されているのがわかります。

一方、B社は簡単に書いてあるので、実際にどのメーカーでどういう型番の製品なのかがわかりません。

CPUなど重要なパーツに関しては、ある程度詳細が記載されていますが、その他に関してはやや情報量不足なのかなという感じです。

では、B社がいけないか?と言うとそうではありません。

初心者からすると逆に情報量がしぼられている方が、選びやすいからです。

ただここで気をつけておきたいのは、同じ数値の表記がしてあるパーツでも、性能が違う場合があるということです。

数値が同じでも、メーカーなどによって値段はピンからキリまであります。

きちんと記載がしていない=安価なパーツを使用している可能性がある。

という恐れもあります。

もちろん、そんな事ない場合が、ほとんどだと思いますが、せっかく自分で選ぶ以上きちんとしたものを選びたいところです。

 

例えばですが、ハードディスクで1TB(テラバイト)と記載があったとします。

同じ1TBのハードディスクでも、メーカーが作っているグレードによって回転数や、キャッシュ、耐久性などが違います。

通常で使用される事を想定して作られたものと、ネットワークサーバーなど常に稼働していることを想定して作られたものとでは、当然、作りや値段が違ってきますよね。

自分の使用目的や、予算に合わせて選びながら注文ができるのも、BTOの楽しみの一つだと思います。