メモリとはどんなもの?

メモリとはどんなもの?

こんにちは、T1000です。

前回、パソコンの中身について簡単に説明しましたが

メモリとは、「CPUの作業場所に当たる記憶装置」と説明しました。

ここでは、パソコンを購入する際に、どのようなメモリを選んで、どのくらいの容量を選べばいいのかを書いていきます。

メモリの種類

大きく分けてメモリは、デスクトップ用とノートパソコン用に分かれます。

一般的にデスクトップ用は、このように横に長いのが特徴です。

 

一般的にノートパソコン用は、デスクトップ用と比べると短いのが特徴です。

自分が購入しないといけないのが、デスクトップタイプなのか、ノートパソコンなのかでまず分かれます。

BTOパソコン(自分で注文して購入するタイプ)などの場合は、選択しながら買えばいいですが、

パソコンショップなどで直接購入したりする場合は、この辺を間違うと

せっかく買ったのに使えない!

何て事になりますので注意が必要です。

では、どのような種類と違いがあるかというと主な規格として

DDR4、DDR3、DDR2、DDR、SDRAMなどがあります。

最近のパソコン(windows7以上)では主に、DDR3、DDR4が使われているのでこの辺について記載します。

最近のものですと、DDR4-2666、DDR4-2400、DDR4-2133などと言ったものを見かけると思いますが

このDDR4の後についている数字は単純に大きいもの程、性能が上(転送速度が速い)と思って良いです。

ただ体感して違うほどの差はないと思いますのであまり気にしないで良いと思います。

次に、DDR4だと、PC4-17000、PC4-19200、PC4-21300、DDR3だとPC3-6400、PC3-8500、PC3-10600、PC3-12800などという記載があるかもしれませんが、これも数字が大きいもの程、性能が上と思って良いと思います。

本題

では実際に、パソコンを買う時はどの位のメモリを買えばいいの?という話をしていきます。

OS(windows10など)によって最低メモリ容量と言うのが決まっていますが、windows10(7なども)は、32bit版64bit版と言うものがあります。

windows10の場合の最低条件は、「32bitは、1GB」、「64bitは、2GB」とあります。

なので、最低でも1GBのDDR4or3のメモリを選んでおけば何とかなります

しかし、32bit版には少し問題があってメモリを4GBまでしか認識してくれません

最近はメモリの容量も大きくなってきているので、よほど理由がない限りは64bit版を選んだ方がよさそうです。

次に、どの位の容量を選べばいいのだろうと言うことについてですが、これは用途によります。

3Dゲームや、動画編集などのいわゆる、重たい処理をする場合はメモリはたくさんあるに越したことはありません。

大体どのくらいが快適かというと、そのソフトに動作条件などが記載してあると思いますが

私個人の体感だと8GBから16GBくらいはあった方が快適だと思います

仮に、16GBのメモリを取り付けるとして、パターンとしては

「4GB*4」「8GB*2」「16GB*1」などと言った組み合わせが考えられます。

どれが良いのか?と言われるとそれぞれ一長一短ありますが「8GB*2」か「16GB*1」辺りがお勧めです。

「4GB*4」だとマザーボード自体に4つスロット(挿す所)がないといけません。

デュアルチャンネルと言って、二枚同じメモリを使用することで処理を早くすると言う技術があるのですが、体感的にすごく変わったと言うことはないと思うのでどちらでも良いと思います。

逆に32GBや64GBと大容量メモリにしても体感的には今のところ変わらないんじゃないかなと思います。

将来的に、もっとハイスペックな処理が必要になった時にはわかりませんが、通常の3Dゲームをしたり、個人での動画の編集をするくらいなら16GBあれば十分です。

ちなみに、DDR4とDDR3は互換性がありませんから、DDR4の8GBメモリとDDR3の8GBメモリを同時に使用すると言うことはできませんので注意が必要です。

またそもそもマザーボード(基盤)が、どのメモリに対応しているのかと言うのを見るのが大切です。

DDR4の方が速いからといって購入しても、マザーボードがDDR3しか対応していなければ無駄になってしまいますので注意が必要です。