パソコンの中身を見てみよう

パソコンの中身を見てみよう

こんにちは、T1000です。

ここでは、典型的なパソコンの中身を簡単に説明していきます。

パソコンの中身の事を、「ハードウェア」と言ったりします。

パソコンを構成しているものとして

  • CPU
  • HDD/SSD
  • メモリ
  • マザーボード
  • 光学ドライブ
  • 電源

などがあげられます。

それぞれ簡単に説明していきます。

後で少し詳しい内容は書いていきますので、さらっとこんな物なのか程度でかまいません。

CPU

コンピューターの頭脳部分にあたります。安価なタイプと高価なタイプに分かれます。

性能が良いほどパソコンの処理が早くなります。

 

HDD/SSD

パソコンのデータを収納する部分になります。

仕事で言うと、机の引き出しの部分になります。

引き出しが多いほどたくさんの書類などが入りますよね。

 

メモリ

CPUの作業場所に当たる記憶装置。

人間の仕事で例えると、机の広さと言えばいいでしょうか。

机が広いほど色んな仕事ができます。

逆に、机が狭いと複数の仕事をすると散らかって捗らないですよね。

こういう状態を、一般的にメモリ不足などといいます。

 

マザーボード

CPUやHDD、光学ドライブなどを搭載するための基盤のことです。

これがないとパソコンははじまりません。

これも、CPUなどによって大きさや規格など様々です。

 

光学ドライブ

これは、ご存知の方も多いのでないでしょうか。

DVDドライブ、BDドライブなどが主ですね。

それぞれ、DVD、BDなどの読み込みができるもの、書き込みまでできるものなどで、呼び方や性能に違いがあります。

 

電源

これもそのままですね。コンピューターの電源になります。

搭載するドライブや、拡張カードなどによって必要なワット数も変わってきます。

数値の大きいものほど安定はしますが、電気代もかかります。